あなたの直感とひらめきが「新しいアート」を生む!!

アート制作でなぜか、やる気が出ない時って誰にでもあると思います。

アート制作で大切なのは独創性ですが、いつもそう簡単にいいアイデアが浮かぶわけでもありませんよね。

頑張っていてもなかなか成果が出ない、なかなかいい方法がひらめかないと感じることはよくある。

やはり、これは気分の問題なのでしょうか?!

もしかしたら環境の問題なのか・・・・

ただ単に、疲れているだけなのか?

どのようにすれば、ひらめくのか、直観力が冴えるのか?

このようなことは、人間の脳と心で起きていることなので、自分である程度コントロールできます。

 

あなたの発想力はどれぐらいありますか?

自分の想像力に限界はあるのか?!

人間の想像力に限界はありません。

人間には、夢を持つことであらゆる想像をして、それを現実化する能力が誰にでもあります。

常に物事を考えて経験することで、新たな発想を生み出すことができる。

ですが、よく想像力の限界を感じることはありますよね。

想像力のなさに自分には才能がないのか、とか、もうダメだ・・・

なんてよく思ってしまいう時もあると思います。

(僕もよく悩んでいました)

想像力はどのようにすれば、生まれやすくなるのか?

自分と関係するものや、日常の生活と時間の経過により新たな想像力は、次々におこりやすくなるとされています。

人は想像する生き物なので、無意識でも何かを想像しているのです。

画家が夢を描き続ければ、さらに想像力は具体性を増して、結論が出るまで悩む。

これをくり返すことで、素晴らしい名画が生まれているのです。

・片目が見えない画家の今は・・・

 

経験を組み合わせたり分析することで、発想力を高めることができる

時々、友達や周りの人が意外な発想をするので、驚くことってありませんか?

発想力には、人の経験が大きく関係している。

自分のこれまでの経験のあらゆる部分を組み合わせて、見方を変えたり角度を変えて考えることで、意外な発想が生まれます。

また細かく分類して個別に分析することで、新たな発想も期待できる。

発想力は自分の経験のかけらを分析した結果、脳から生み出されたアイデアです。

物事をさらに追及することで、発想する力が高められます。

意外な発想をする人は、無意識であらゆるものを細かく見ているのでしょう。

・「千利休」の抽象的な美の世界

 

ワクワク、ドキドキするのは大切!

新しいものを見たり経験をすることで、イマジネーションは生まれる

新しいものをたくさん見ることや経験することは大切です。

特に自分が、興味があるものなら脳は最高に「快楽」を感じ、その経験が新たなイマジネーションを作ることになります。

「快」の気分というのは脳にいちばんの栄養を与えるので、人は好きなイメージをしやすくなり、それが続くと大きなイマジネーションを生み出して可能にしてしまいます。

興味があることや、新しい経験は何でもする方がいいでしょう。

・世界中みんなアートに夢中!!

 

楽しいことや嬉しいことは、脳を活性化する

人は日常生活で楽しいことや、嬉しいことをたくさん経験すると、新しい世界をイメージしやすくなります。

楽しみと喜びは、人の気分を良くするので脳と心を活性化する働きがあります。

活性化された脳は、もっと楽しいことや嬉しいことを見つけようとして、心の気分をさらに盛り上げることになります。

いつも楽しいことを考えている人は、頭の回転も早くなっています。

・自分のモチベーションを高める工夫をしよう!!

 

直観とひらめきはどんな時に生まれるのか!?

遊んでいるときやリラックスしているときこそ、ひらめくことが多い!

意外な事ですが、うまくいかない時ほど人は頑張りすぎてしまいます。

僕もそうなんですが、上手くいかない時に頑張りすぎて、さらに上手くいかないことが多いのです。

そして、ひらめかない・・・・

そんな時は、遊んでみたり、お風呂や温泉にいくと心も体もリラックスするので、あとで無理に頑張るよりすんなり上手くいくんですよ。

僕の場合は、温泉やお風呂でリフレッシュしたり、ジムで汗を流して筋トレしたり、甘いものを食べたり、ワインを飲んだりします。

遊んでいるときや、リラックスしている時に意外と、ひらめくことが多いのも不思議なくらいです。

・絵を描き続けるには体力と精神力が必用

 

直観力は経験を重ねることで力を増す!

直観力は全て、人生の経験から生まれていると思います。

多くの経験の細かい情報が、人の直観力を左右しているのではないでしょうか。

でも、直感も当たる時もあれば、当たらない時もある。

たぶん、多くの経験と知識なども関係しているのかもしれません。

直感はトレーニングしてよく使うと、その力が増すようです。

・「アート制作」は思いついたときがタイミング

 

アート制作は、独創性を作る直観力と、ひらめきの力が大きい!!

自分の能力を呼び覚まそう!!

画家に大切なのは、画力と経験と経歴とされていますが、世の天才たちはその3つの要素がない画家もいます。

中には、発想力やひらめきと独創性だけで、世界的に有名になった画家も大勢います。

絵の種類によりますが、自分の好きなことを恥ずかしがらずに、どんどん発表していくことも大事です。

自分の能力が、どんなところで発揮されるのか、誰にもわかりませんから!

ひらめいたらすぐにでも、描いてみることから始めましょう。

・「絵」のひらめきにつながるサイン

 

パターン認識を使わない人は、画家として成功しやすい

大人になれば、人間はパターン認識という認識力を無意識に使っています。

生活でのマニュアルみたいなものですね。

理論的に考えて、これを→こうしたら→こうなる、という慣れた考え方のことです。

絵にも描く手順や法則はありますが、名画を描いた巨匠たちはどのような手順で描いたのか、分からない部分が多いのです。

ある程度のパターンはあっても、普通にしないことをよくしていると思います。

・「名画」を見て「観察眼」を鍛えよう!

 

ワクワクすることからやっていこう!

制作でいちばん大切なのは、楽しみながら描いて行くことです。

やはり、絵画制作はワクワクした気持ちが、あるのとないのでは大きな差も生まれます。

できれば、自分が楽しいと感じることから始めると、その延長で後もスムーズに進歩しますし、いい流れに乗りやすいと思います。

制作が継続してスムーズに描いて行けることはそうありませんが、もしもそのように上手く流れに乗れている場合は、今の自分はベストな時なんだと自信を持って大丈夫です。

公募展などは、苦しい制作をする人が多いので、特にワクワク感を維持することが重要ではないでしょうか。

・「オリジナル」で絵画を描くには思いついたことを信じてみる

 

まとめ

直感とひらめきで、新しいアートを生み出すには、心のモチベーションを維持することと、自分がワクワク感を感じられる絵を描く事ですね。

もちろん経験をつみ、自分の限界を作らないで、想像力をやしなうことと、あきらめない強い意志が大切だと思います。

そして、たまには自分の好きな事をして充電したりして、自分の心と体をコントロールすること!!

新しものを見たり、聞いたりして、自分の脳を活性化させるとで、直観力とひらめきも起きやすいのではないでしょうか。

今起きていることは、未来の自分の成功に必要な要素なので、どんなダメな事や嫌なことも必用だから起きている、と大きな気持ちで受け入れてください。

・「絵の評価が高い人」のタイプの要素は5つある

・圧倒的な美の世界を創造しよう!!!

・ラファエル前派の魅力

・自己肯定していくと早く成功する

・チャレンジし続ければ必ず結果を出せる!!!

・絵画で大切なのは色彩!

・人は価値ある絵にお金を払う!!!

・画家は「本質を見抜く力」が必要だ!!

・絵が上手い人たちは、学んだことを時間をかけて実行している!!!

・絵を描き続けるには強いメンタルが必要!!

・「絵画」は「美」の宇宙とつながっている

・「自動車」と「アート」でお国柄を理解できる

・「画家」が絵をいちばんコレクションしているかも?!

ABOUTこの記事をかいた人

taesun

画家活動をしています。西洋絵画を専門としていますが、東洋美術や歴史、文化が大好きです。 現在は、独学で絵を学ぶ人と、絵画コレクター、絵画と芸術を愛する人のためのブログを書いています。 頑張ってブログ更新していますので、「友達はスフィンクス」をよろしくお願いします。