絵が上手い人たちは、学んだことを時間をかけて実行している!!!

同じスタート出始めた絵画の勉強も、1年が経つと不思議なことに

素晴らしく上達している人と、そうでない人に分かれています。

なぜ、一緒に絵を描き始めたのに、それほどの差が生まれるのでしょうか?

「生れつきの能力の差」というより、「絵に対する取り組み方」と「人の性格の問題」や

「捉え方と考え方」によって差が生じると考えた方が正しい。

才能はその人の絵に対する姿勢によって開花していくものです。

絵の才能以前に「学ぶ姿勢」を正さないと、貴方の本当の才能を見つけることはできません。

学び方と考え方は全て自由ですが、優秀な画家は真面目に取り組んでいるので、自分の能力を引き出せているのです。

 

本質を深く考える

絵画芸術を学ぶには、どのような場合でも「本質を考える」ことから始めないといけません。

絵によって全ての世界が違うように、その本質も全て違います。

もし、自分が石膏デッサンに夢中に取り組む場合だと、

紀元前のギリシャ時代の美の常識から深く理解していかないといけませんよね。

石膏は実物の大理石のコピーではあるが、その造形美は現代人には作れない「美の基本的な本質」を学ぶことができます。

「デッサンの本質」と「彫刻の中の本質」、この二つの本質を常に考え続けないと良いデッサンを完成させることは出来ない。

デッサンに限らず、あらゆることの「本質を見抜ける」ようになることは画家にとって重要なことです。

 

 

実践は根拠を持って始める

根拠のない自信を持って物事に取り組む人は結構多い。

「根拠のない自信」というのは、自信がない人よりかはいい方だと言えますが、実践を甘く見ているとも考えられます。

僕は「実践は根拠を持って始める」方がいいと思います。

芸術には感覚的なことも大切ですが、何かを学んで実践する場合は詳しく物事を理解しておく方が良い。

何事も自分で知らベて、研究することを忘れないようにしましょう!

 

学んだこと1つに時間をかけて取り組む

大切なことを実践する場合、雑学的な知識だけを頼りにしていてはいけません。

無駄に情報が多いだけで、実践の役に立たなければ何の意味もないからです。

大切なのは、本当に必要だと感じることに集中して取り組むことです。

今の自分にとても大切なことは、1つのことからでいいので時間をかけて取り組むようにしてください!

1つのことをアウトプット出来たら、また次の1つをアウトプットしていきましょう。

実践は「確実に理解して自分のものにしていく」と、雑学的なことをあれもこれも同時に取り組むより実力がつきます。

 

丁寧にすると遅いのは当たり前

1つのことを時間をかけて丁寧に習得していくと、どうしても時間がかかってしまいます。

でも、これは仕方がないことですから気にしないで続けていきましょう。

丁寧に確実に学ぶと時間がかかり、遅いのは当然のことです。

時間がかかることに我慢出来ない人は、ここで止めてしまいます。

めんどくさいですからね!

これが絵で多く挫折している原因の一つでもある。

時間をかけて真面目に学ぶことに不安感や焦り、もどかしさも感じるからでしょうか。

はじめは難しいし苦しいので、なかなか成果が出ないと思ってしまうようです。

根気のなさは才能がないこととは関係ありませんが、初歩的なことで止めてしまう人は画家としての素質に欠けている可能性があります。

心の状態が安定していない場合などは、いちど止めて次の時期に再チャレンジしてもかまいません。

その時期は人によって様々で、1年後~30年後になることもあります。

 

成長曲線を意識して雑念を追い払え!

自分の絵の上達は、人間の子供の「成長曲線」によく似ています。

子供の身長のが伸びることと同じく、絵の上達レベルにも個人差があります。

ある子供は身長が早く伸びているのに対して、もう一人の子供の身長があまり伸びないのとよく似ている。

絵の上達には、情熱と集中力がとても大事です。

若い人には特にいろんな誘惑があるので、自分で雑念を追い払って絵に

没頭できるようにしないとなかなか上手くいきません。

絵を学ぶ人は強い信念と目標を持つように心がけましょう!!!

 

波が来たら徹底的にやる!

どんな人でも真面目に頑張って学び続けていると、それなりに勢いがついていく時期がきます。

その時期こそ自分が何倍も成長できるチャンスだと覚えておきましょう!!

良い時期は成果も出やすくなるので、どんどん徹底的に学んだことを実践していくことです。

このような勢いついたこそ、自分が今まで学んできたことの成果が出やすいので徹底的にやりこむように!!!

ここでは精神の強さと根性も必用になってきます。

 

まとめ

絵の上達には、確実な方法で時間をかけて学ぶ姿勢が大切です。

いろんな軽い知識を読んで学ぶことより、今の自分の勉強に必要なことを深く考える方がよほど成果が出ます。

じっくり1つのことを集中して学び、自分のものにしていく方法こそ、確実な実力をつける結果に繋がります。

抜け落ちた知識の寄せ集めにたいした成果は期待できません。

本当に絵が上達したいなら、インプットしたことをアウトプットしていくはずです!!

絵の勉強を根気よく真面目に継続することができたなら必ず成果が出てきます。

・圧倒的な美の世界を創造しよう!!!

・絵のテクニックとバランスは大事!

・「ボナール」波乱を知らぬボヘミアン

・自己肯定していくと早く成功する

・人物デッサンの基礎知識

・画家は技術を盗んで成長していくもの

・あなたの美的センスで絵は決まる

・自分の感覚と感性を大切にして絵を描いていこう!

・『油彩とアクリル』貴方に合うのは・・・??

・情熱とエネルギーがあれば絵が下手でも何とかなる!

・目標のハードルを下げると上手くいく!!

・原画が売れる時代の美術市場

・シルベスター・スタローン絵を愛するスーパースター

・「サージェント」モダンな肖像画家

・初めての絵画購入は・・・

・油絵を始めるために、知っておきたい大切なこと

ABOUTこの記事をかいた人

テソン

画家活動をしています。西洋絵画を専門としていますが、東洋美術や歴史、文化が大好きです。 現在は、独学で絵を学ぶ人と、絵画コレクター、絵画と芸術を愛する人のためのブログを書いています。 頑張ってブログ更新していますので、「友達はスフィンクス」をよろしくお願いします。