インスピレーションを得たときは、すぐに素描すること!

芸術に大切なのはインスピレーションです!

自分の作品を創り上げるには、いろんな経過をたどり努力が必要ですが、

芸術的に高め上げるには、その技術だけではだめですよね。

自分にしか創造できない、特別なインスピレーションが必要だと思います。

絵を描いている人なら、誰でもインスピレーションを得る機会は訪れる。

でも、そのインスピレーションは、突然天から降ってきます。

突然のことなので、後回しにして忘れていくことはよくあることですが、

画家は、そのチャンスを見逃してはいけません。

 

絵のインスピレーションは大切!

絵のインスピレーションは、絵を描くあなたにとても大切なものです。

インスピレーションは、頭で考えてすぐに思い浮かぶものではない。

待ち続けても、いつ来るかわからないもの。

いつもいろんなことを考えて生活していくなかで、ふとしたときに突然得られるものですよね。

このチャンスを軽く受け止めて、スルーすることもよくあること。

でも、ここでスルーしないで気になったら、後にひらめくことの一部分かもしれないので、メモに取るか素描しておきましょう。

インスピレーションは、その時の自分のレベルに合っていることしか来ないので!

 

インスピレーションが降ってきたらすぐに動こう!

ふとしたときに、いきなりひらめくときは、インスピレーションが降って来た時です。

それも大きなひらめきだった場合に限らず、すぐにメモしたり素描したり、できるだけ早く制作していくようにしてみましょう。

だいたい何もしていないときや、ボーとしているとき、リラックスしているときなどに得ると思いますが、

そのようなときって、何もする気がないときですよね。

でも、インスピレーションが降ってきたなら、すぐに何か行動に移さないともったいない。

めったに起きないことなので、この天からのヒントを逃してはいけません。

 

情報は生ものなので早く!

情報は生ものと同じです。

特にインスピレーションはすぐに頭を回転させて、まとめないと忘れて消えてしまいます。

インスピレーションが降ってきたら、すぐに実行してください。

行動が早ければ早いほど効果が出ますので!!

後回しにすれば、するだけ効果も小さくなっていきます。

 

自由な方法でイメージ画を描く!

絵のインスピレーションが降ってきたら、すぐにイメージを形にしてください!

最初は軽い素描から始めて、頭がまとまってきたら本格的なデッサンにしていく。

そしてもっと作品化するには、色彩を入れたイメージ画にしていきます。

正確に描ければ作品の下絵として使うことができます。

★僕がドローイングで使う道具

・鉛筆

・シャープペン

・油性ペン

・木炭

・木炭鉛筆

・クロッキー帳

・画用紙

・パステル用紙

・パステル

・油彩

などを使い、いろんな方法で素描やデッサンをします。

クロッキー帳には、鉛筆やペンなどで素描する。

画用紙には正確なデッサンと、パステルで軽く着彩。

パステル紙にも、鉛筆や木炭鉛筆で下描きして、パステルや油彩で着彩する。

 

すぐに制作の準備にかかろう!

正確な下絵を準備できあたら、キャンバスに実際に制作していきましょう!

はじめは小さいキャンバス(サイズ10号ほど)に描いていきましょう。

上手くいけば少し大きめの15号以上のキャンバスに描き、さらに上手くいけば30号以上の絵も描いていく。

経験を積んで世界観が出来上がっていくと、100号サイズの大作にも挑戦していけます。

無理のない範囲の大きさで、自分の絵画の芸術性を高めていきましょう!!

 

まとめ

画家にとってインスピレーションは本当に大切です。

インスピレーションが降ってこなければ、あなたの作品は変化しませんし、成長していきません。

成長段階の人にとって、インスピレーションを得ることは、新しい何かを始めるときです。

今の自分のレベルに合ったインスピレーションが得るようになっていますから、その情報を正確に受け取り形にしていきましょう!

とにかく、インスピレーションを得たら、迷わずにすぐに素描することが大切です!!

・圧倒的な美の世界を創造しよう!!!

・「ボナール」波乱を知らぬボヘミアン

・自己肯定していくと早く成功する

・ギュスターヴ・モローの「出現(サロメ)」

・絵が上手い人たちは、学んだことを時間をかけて実行している!!!

・あなたの美的センスで絵は決まる

・「モナ・リザ」と「レオナルド・ダ・ヴィンチ」の衝撃の真実!!

・素直な人ほど伸びる絵画の世界

・人物デッサンの基礎知識

・フェルメールの「手紙を書く女」との再会

・展覧会でよい評価を得るには・・・

・衝撃のフェルメール盗難事件!!

ABOUTこの記事をかいた人

テソン

画家活動をしています。西洋絵画を専門としていますが、東洋美術や歴史、文化が大好きです。 現在は、独学で絵を学ぶ人と、絵画コレクター、絵画と芸術を愛する人のためのブログを書いています。 頑張ってブログ更新していますので、「友達はスフィンクス」をよろしくお願いします。