最初の一歩から始まるアートの世界

多くの人が絵を描くことや芸術活動を夢見て数年が過ぎ去り、

人生に物足りなさを感じていても、なかなか最初の一歩を踏み出せない。

知らないことというのはそう簡単に始められないもので、

ほとんどの人が自分に自信がなくて夢をあきらめてしまう。

でも、今はアートで自由に活動できる時代です。

絵を描きたい、なにかアート活動をしてみたい、という気持ちがあるならば、

勇気を出して、一歩踏み出してみると意外にもあとは簡単に動き出していきます。

あなたが迷っているのは「自分にもできるのかな?」という不安だけです。

その不安を取り除き、「自分が知らない能力を見つけ出す」と

貴方の問題はあっさり解決できるます。

 

最初の一歩を踏み出そう!

臆病な自分の限界を打ち破る秘訣は2つあります。

1・最初は小さな一歩から、とにかく始める。

2・最初の一歩を踏み出したら、次の一歩と進んでいく。

「本当にこれだけなのか?」と思うかもしれないけれども、これが効果的なのです。

とにかく今やりたいことや、やっていることに集中することが大切です。

自分の夢が今はどのような形で実現するかわからなくてもかまいません。

貴方の情熱、興奮、知恵、直感を信じて進んでいくうちに、

なにが幸福と充実感をもたらしてくれるのかを見つけることができるでしょう。

芸術に何を望んでいるのかがはっきりしはじめると、

心配しなくてもそこに到達するための道も見えてきます。

 

絵画制作についての目的リストを書く

思いつくことやアイデアを書きとめておくと、

直感的アイデアが生まれやすくなります。

思いつくことはマメにメモしておくと後でいろいろと活用できます。

ノートに制作に必要な情報とアイデアのメモを書いていくと、

制作の目的が明確になり迷うことなく描き進むことができるので、

毎日感じたことや思ったことなどの大切なことを

忘れないように書き込んでいきましょう。

 

自分にどんな能力があるのか

自信がない人は、自分の能力をまだはっきり知らないためです。

自分にどのような能力があるのかを書いてみてください。

・自画自賛できると思ったことは、どのようなことだっただろうか

・人から賞賛されるような能力を持っているのか

・どのようなスキルならすぐに習得できるのか

・得意なことはいくつあるのか

・子供の頃は何が得意だったか

・自分はどのようなことをして人の役にたちたいのか

・世界に訴えたいことはなにか

・どんな業績を残したいのか

アートや絵に関係なくても考えて書いてみてください。

全て関係してきます。

 

何に夢中なのか

今あなたが夢中になっていることは何ですか?

何に一生懸命になれますか?

・時が経つのを忘れるのは何をしているときか

・1年間休暇をとれるとしたら、自由な時間に何をするのか

・自分の人生を捧げたいと思うことはあるか

・自分が好きなことで、人のためになることはあるか

・死ぬ前に世の中のためになにかするとしたら何をするか

・何か人に教えられることはあるか

・世の中のことで、一番腹に据えかねることはなにか

・自分の気持ちが一番ワクワクすることはなにか

じっくり時間をかけて考えて書いてください。

 

大切なことは何か

あなたにとって一番大切なことはなんですか?

今まで生きてきて沢山の大切なものや重要なことがあるはずです。

・自主性

・人間性

・創造性

・思いやり

・権力

・富

・精神性

・知識

・リーダーシップ

・コミュニティ

・美しさ

・知的探求

・宗教

などが考えられるが、まだあるならそれについても

書いて自分の考えも書き込みましょう。

次に誰を尊敬しているのか自分が尊敬する人を思い浮かべ、

その人の生き方の何が素晴らしいのかを考えてみましょう。

その人はどのような価値観を持っているのか。

 

好きなことと楽しいことは何か

次は貴方の夢や理想、こうなれば最高の人生だ!、

と思えることを書いてください。

・あなたが好きな事をいくつでもいいの選んでリストを作る

・あなたにとっての理想の一日、一週間、一ヶ月、一年とはどのようなものか

・大金が入ってお金の心配がなくなったら、何をしたいか

・なんでも一人でやるのが好きか、パートナーと2人でするのが好きか、チームでするのが好きか

・どのような環境が理想的か

これらさまざまな質問に答えてみると、1つのテーマが浮かび上がってくることがあります。

今まで見えていなかった「自分をはっきり知ることができる」ので、自分でも驚くかもしれません。

また、これまでに成し遂げたこと、能力、価値観、情熱の立派なリストができたとしても、

まだやるべきことがたくさんあることに、貴方は気づいたでしょう。

 

アートは忍耐力が必要

このリストを賢く利用するためにも必要な資質の一つとして、

最後に「忍耐強さ」を挙げておきたい。

絵やアートの世界に入り活動を継続していくには、創造性、直観力、忍耐強さが必要になってきます。

誰もが一夜にして画家になれるわけでもなく、芸術の世界は厳しく時間が必要な分野です。

何よりも芸術には訓練が必要であり、経験も必用です。

すぐに飽きてしまう性格の人には向かないことも考えて、

自分がどの分野に適しているのかをしっかり知っておく必要がある。

 

まとめ

最初の一歩を踏み出すためのリスト作成が貴方の背中を押してくれます。

勇気を出して自分が本当にやりたいことを始めると、

それが貴方の生きがいになるかもしれません。

忍耐力と継続力そして決断力はとても大切ですが、

なにより大切なのは貴方の情熱です。

情熱があればあなたにできないことはなにもありません!

・今、絵画に求められているものとは・・・

・「絵の評価が高い人」のタイプの要素は5つある

・世界中みんなアートに夢中!!

・画家は絵の道具にこだわるべき?

・「カラヴァッジョ」 驚くべきリアリズム

・「ゴヤ」マドリードの聾者

・絵のテクニックとバランスは大事!

・「ポイントをおさえて学ぶ」と、楽しく絵は上達できる!

・「ティエポロ」 偉大な伝統に育まれた画家

・感覚的に見ている絵画世界

・人は価値ある絵にお金を払う!!!

・「マザッチオ」ルネサンスの始祖

ABOUTこの記事をかいた人

taesun

画家活動をしています。西洋絵画を専門としていますが、東洋美術や歴史、文化が大好きです。 現在は、独学で絵を学ぶ人と、絵画コレクター、絵画と芸術を愛する人のためのブログを書いています。 頑張ってブログ更新していますので、「友達はスフィンクス」をよろしくお願いします。