素直な人ほど伸びる絵画の世界

どの世界でも、素直な人は伸びるのが早いとよ言われる。

芸術でもスポーツでも、ビジネスでも素直な人はそうでない人より確実に伸びるのが早い。

僕のアートスクールでも、やはり素直な人は絵の上達が早いですね。

初心者で、初めて油彩を始めたばかりの人があっという間に、次の段階に向かって成長しています。

もちろんやる気の問題もありますが、素直な人はそうでない人より考え方が柔軟です。

ただのイエスマンではなく、素直な人は早い段階から結果に繋がる努力をしている。

素直なので自分がやりたいことを、楽しみながら取り組むから伸びやすい。

 

素直さは全てを味方にする

素直な好奇心

絵を描くのが好きな人は大勢いる。

好奇心を持つのは、素直に感じる自分の直感によるもの。

その好奇心は、自分の未来の夢に繋がることもあります。

夢を目指し、素直に学ぶ姿勢は、すべてを味方にすることができます。

人間いろいろですが、斜めを向いている人よりも、まっすぐに伸びる人に注目するのは当然ですよね。

教える人は素直な人に、期待を寄せます。

そして素直な人は楽しんで学ぶので、伸びるのが早い。

 

客観視するためにリストを作る

先日、僕のメールを毎日読んでいただいている方から、「毎日拝見しています。メールコーチすごく勇気付けられます!」とうメールをいただきました。

(僕のメールコーチでは、絵を描いて行く人の為に大切なことをアドバイスしています。)

そして、その人は自分で大切なことや目標をリストアップして、画力向上を目指して頑張っています。

世界中の人が、僕のメールを読んで勇気を持ってくれているのは、本当に嬉しいことです。

どの国の人でも素直な人は、行動が早いので自然に成長していると感じました。

 

素直な人は多くを学べる

独学の限界

独学で頑張っている人は大勢します。

僕もその一人でした。

自分の才能だけで頑張っていくのもいいのですが、やはり限界もあります。

どうしても大きな難問にぶつかるのです。

斜め向きの人は、やはり物事の手順がないため、何かヒントがないとそこから上には上がれないのです。

抜けてる部分や、見えていないこともあるので。

実際に活動していると感じたことですが、やはり独学だけでは不利です。

活躍するまで、相当の労力と時間を使います。

なので、半分以上の人が途中で悩み苦しみ、挫折していく。

 

メンター(指導者、助言者、コーチ)

どの世界でもメンターは必要です。

いないより、絶対にいる方がいい!

近くに理解者やコーチをしてくれる人がいれば、あなたを正しい道に導いてくれます。

メンターがいれば、自分のやることや、これから始めることの正しい手順を教えてくれるでしょう。

相談できる人がいるのといないのでは、結果は天と地の差があります。

良いメンターに出会って、たったの6年でプロになっている画家もいます。

メンターは、今の自分のレベルに合わせて、選ぶ必要がある。

また、人間ですから相性も関係する。

僕のアートスクールでもそうですが、独学で描いていた人は抜けている部分を補う事で、一気に上達しています。

溶剤の使い方なども、描く段階で違うので、まったく別人が描いたような結果を出しています。

アートスクールの受講生は皆さん素直な人ばかりなので、上達が早いのは当然ですね。

やはり似た人が集まっている感じがします。

 

素直な人はいい環境を作れる

気づきから得られる

素直な人は、いろんな情報の中から、細かい部分まで考えることをします。

絵の場合でも、初心者の方は自分の今のレベルをよく知っているので、何でも吸収している。

そのため、自分ができていないことをリストに書いています。

例えば、僕からメールをもらった場合、今日のテーマで自分の悩みのヒントになることに気づく。

その、小さな気づきは、後の自分の成長に大きく反映する。

毎日の気づきは、自分の環境に影響を与えていきます。

 

思考がまとまる

素直な人は、真面目に受けとめた情報を学び、そしてそれを整理します。

整理することで、思考がまとまり、自分の目標を明確にすることができる。

思考がまとまると、まっすぐに突き進む余裕が生まれます。

あとは標準レベルまで、一気に実力をつけることに集中できる。

このように正しく、実力を伸ばすことができる環境を作ることになるのです。

なので、独学だけで進んでいる人より、時間とお金を無駄にせずに、正しい結果を出すことができます。

 

素直な人は成功しやすい

素直さは成功するためのスイッチ

人間の性格や能力はいろいろですが、はっきり言って素直な人ほど成功しています。

その秘密は、初心の頃から、どの分野の人でも、メンターの教えをきっちり守り通しているんです。

北野武さんや志村けんさんなどのお笑いの世界の大御所も、すごく素直で有名ですよね。

お二人とも若い時は、とても苦労されていますが、若い人には「素直さが大事」と、助言をしています。

何かを始めるときは、必ず素直に学ぶことをお勧めします。

「素直さ」、これすごーく大事です!!

 

素直さの中から信念が生まれる

真面目で素直な人は成功していますが、それはなぜか??

素直に学んで、自分の思考を整え始めると、頭の中が整理されていくからです。

思考がまとまると、次に自分の明確な夢の形が見えてきます。

それが自分の目標になり、必ずそこまで頑張るという「信念」が生まれる。

自分の力を信じながら確実にメンターから学ぶことで、夢の目標に到達できる時間は速くなる!!

素直さを忘れずに、努力して成長することができれば、あなたは何をしても成功出来ます。

素直に学び、損をしない人生を歩みましょう。

 

まとめ

自分が若いころ、もっと素直だったらもっと成長が早かっただろう。

自分にぴったりのメンターがいれば、大きな壁もすべて乗り越えられただろう。

と、過去の自分の経験や失敗を思うと、判断が甘かったと今は思えます。

僕は平均より上の実力があったので、少し生意気な部分があったんです。

そこがダメでした。

若い時は、自分は上手くやれるという自信を誰もが持っているもの。

これから絵を描いて行く方は、このブログを参考にして、今の自分の考え方をもう一度見直してみてください。

自分には見えていない何かを得ることを考えて、時間とお金を大切にして画家人生を歩んでほしいと思います。

レオナルドでもこのような言葉を残している。

「芸術は長し、人生は短し」

芸術には時間が大切だと・・・

・チャレンジし続ければ必ず結果を出せる!!!

・画家は「本質を見抜く力」が必要だ!!

・絵を描き続けるには強いメンタルが必要!!

・あなたの美的センスで絵は決まる

・情熱とエネルギーがあれば絵が下手でも何とかなる!

・油絵を始めるために、知っておきたい大切なこと

・心の準備が出来ていればメンターに出会える

・絵が上手くなるコツはある

・クロッキーとデフォルメについて

・自分の美の価値を他人と比較してはいけない

・展覧会でよい評価を得るには・・・

ABOUTこの記事をかいた人

テソン

画家活動をしています。西洋絵画を専門としていますが、東洋美術や歴史、文化が大好きです。 現在は、独学で絵を学ぶ人と、絵画コレクター、絵画と芸術を愛する人のためのブログを書いています。 頑張ってブログ更新していますので、「友達はスフィンクス」をよろしくお願いします。