「油絵」を初めて描くのに必要な色

「油絵に挑戦したい!」「憧れの油絵を始めたい!」と思っていても、いったいどのような道具が必要なのかわかりませんよね。

油絵セットが売っていますが、+自分で少しずつそろえるのもいいかもしれません。

そこで絵の具ですが、初めはどの色が必要なのかわからないと思うので、僕がよく使う色を紹介します。

 

「油絵」を描くのに必要な絵具

一般的なものは絵具セットに入っていますが、セットの色だけだとなんだか色が足りないような気もします。

ここで紹介する色は、あれば困らない色です。

最初は、絵の具に慣れていないので、混ぜて色を作ることが難しいと思うのですが、徐々に色を作る練習もしましょう。

 

「油絵」を初めて描くのに必要な色、ホワイト

ホワイトはシルバーホワイトだけでいいと思います。

ほかの色と混ぜる場合ホワイトによって、だいぶ色が変わってしまうので、はじめはシルバーホワイトで統一しましょう。

大昔から使われている伝統的なホワイトです。

名画はこのホワイトで描かれています。

下地には、ファンデーション・ホワイトがおすすめです。

 

「油絵」を初めて描くのに必要な色、ブラック

ブラックはアイボリーブラック、ピーチブラックがおすすめ。

アイボリーブラックは黄色い感じの黒、ピーチブラックは青い感じの黒です。

好みで使い分けるといいでしょう。

 

「油絵」を初めて描くのに必要な色、ブルー

ブルーはコバルトブルーとウルトラマリン

コバルトブルーはすごく晴れた空の表現に向いています。

ウルトラマリンは深い青なので、あらゆる色の混色に向いています。

僕は肌の色に少し入れます。

 

「油絵」を初めて描くのに必要な色、レッド

レッドは人によって好みがだいぶ違う色です。

カドミウムレッド、バーミリオン、ウィンザーレット、ローズレーキ、クリムソンレーキなどをよく使います。

レーキ系は透明色なので使い方に注意が必要です。

深い土系の赤は、ライトレッドがお勧めです。レンガの色ですね。

 

「油絵」を初めて描くのに必要な色、イエロー

イエローはカドミウムイエロー、レモンイエローでいいでしょう。

絵具の種類にディープ、ライト、ペールなどもありますが、好みで選んでください。

土色イエローのイエローオーカーはよく下描きから使える色なので、重要色です。

 

「油絵」を初めて描くのに必要な色、グリーン

グリーンは、テールベルト、サップグリーン、パーマネントグリーン、ビリジャンなどです。

サップグリーンとビリジャンは透明色です。

風景画には、好んでカドミウムグリーンも使います。

 

「油絵」を初めて描くのに必要な色、茶色系

バーントアンバー、バーントシェンナー、ローアンバー、ローシェンナです。

これらの茶系は混色で使えたり、単独でも重要な色なので基本色です。

以上になりますが、これらの色をそろえることで、ほとんどの絵を描く事ができます。

全ての色を使って、色を自分で作ることも可能です。

あくまで参考なので、好みで選んでください。

 

まとめ

絵の具は同じ色でも、メーカーによって少し色が違うので、自分が買う色をよく見比べて選ぶようにしましょう。

絵の具は基本2~3色を混ぜ合わせて、好みの色を作ります。

自分んでどの色を混ぜ合わせると、どういう色になるのかを勉強していくと、少ない色だけでも絵を描けるようになれますよ。

絵の具も使っているうちに詳しくなるので、自分の好みで選ぶと油絵の楽しみも増えると思います。

・ナイフで描く油絵

・「ヴェラトゥーラ」と「フロッティ」2つの技法を解説!

・名画の特殊なグレーズ技法

・「マニアックなこだわり」が絵を楽しくする!

・今、絵画に求められているものとは・・・

・「ポイントをおさえて学ぶ」と、楽しく絵は上達できる!

・絵画に必要な「4つの美」

・自然の顔料と絵具

・油絵と油絵の具の歴史

・油彩のおすすめオイルを紹介!!

・油彩の豆知識を3つ+方付け方を紹介

・油絵の色とおすすめメーカー紹介

ABOUTこの記事をかいた人

taesun

画家活動をしています。西洋絵画を専門としていますが、東洋美術や歴史、文化が大好きです。 現在は、独学で絵を学ぶ人と、絵画コレクター、絵画と芸術を愛する人のためのブログを書いています。 頑張ってブログ更新していますので、「友達はスフィンクス」をよろしくお願いします。